2010年06月01日

<土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)

 滋賀県文化財保護協会は29日、同県東近江市永源寺相谷町の相谷熊原(あいだにくまはら)遺跡で、縄文時代草創期(約1万3000年前)の竪穴住居跡5棟が見つかり、国内最古級の土偶1体が完全な形で出土したと発表した。同時期の住居群跡は全国で数例、土偶は三重県の粥見井尻(かゆみいじり)遺跡で2点しか発見されていない。移動生活から定住が始まった時期の暮らしや文化がうかがえる、貴重な発見となりそうだ。

 発見された土偶は高さ3.1センチ、最大幅2.7センチ、重さ14.6グラム。女性の胴体のみを、胸や腰のくびれも優美に表現し、底は平らで自立するのが特徴だ。上部に直径3ミリ、深さ2センチの穴があり、棒で別の頭部をつないだなどの可能性もある。

 相谷熊原遺跡は、三重県境の鈴鹿山脈から流れる愛知(えち)川の南の河岸段丘にあり、山間地と平野部が接する場所にある。竪穴住居群は、緩い斜面約100メートルの間に5棟連なって確認された。規模の分かるものは直径約8メートルのいびつな円形で、深さ約0・6〜1メートルと、これまでの例より深く、しっかりした構造だった。作るのに相当な労力がかかる上、多くの土器や石器も出土しており、一定時期でも定住したことが考えられるという。

 現地説明会は6月6日、午前10時と午後1時半の2回。雨天決行。問い合わせは県文化財保護協会(077・548・9780)。【南文枝】

【関連ニュース】
北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群
古代料理:ランチに みどり市立岩宿博物館、発掘史料基に再現 /群馬
北杜高:縄文文化財を破損 住居跡など 必要手続きせず工事 /山梨
平田遺跡:奈良時代の道路跡出土 鎌倉時代の屋敷跡も−−鈴鹿 /三重
企画展:古代の糸島探る 遺跡出土品100点を展示−−伊都国歴史博物館 /福岡

事業仕分け 第2弾で38事業廃止 「政治銘柄」にメス(毎日新聞)
人生をしゃぶられた夫婦 裁判官「二度と来るな」(産経新聞)
<シデコブシ>岐阜「恵那テクノパーク」 自生地避けて造成(毎日新聞)
<事業仕分け第2弾終了>不要法人に抑止力/被告人席にいるよう/単純化で解決ならぬ(毎日新聞)
1日3食取らず、20代男性の23%(読売新聞)
posted by ウメツ ヒデヒコ at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。